野暮と化け物は箱根から先。

極めて気紛れ+腐れ日記。 チキン(+α)故、友人激少=随時友募集中。 誤字脱字は通常仕様。(滅)

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-02-26

知らん方が。幸せな事の方が。きっと多い。


午後2時からTブーSで放送していた。
『龍馬の黒幕』を見て。
ちょこっと複雑な心境に陥りました。

タイトルの通り。
坂本龍馬を動かしていた黒幕がいた!的な話だったのですが。
興味深いなーと思う反面。
龍馬に勝手なヒーロー性を見ていたユツキには。
複雑な心境になるという事態に;;

・・・あの番組の解釈で行くと。
龍馬は、龍馬としてみられていなくて。
その後ろの黒幕・グラバーを見られていた・・って事になるんですが。
それじゃー坂本龍馬はなんだったんだと。
一、坂本龍馬はなんだったんだと。
率直にグラバーの代理人だったって事になるんですが。
なんかそれって、どーなのかな・・と。。



あの番組を見る限り。
龍馬は、グラバーの代理人・・・と言うより手先的存在で。
グラバーに踊らされていた感を感じるんですヨネ。
好奇心旺盛な感じの人だったようなので。
普通にグラバーの話を聞いて面白いなーと感じ。
自分から率先して動いていたのでしょうが。
唯単に、グラバーに上手いように使われていた感が否めない;;

龍馬が動いているのに。
動いているのはグラバーの意志で。
龍馬が目の前にいるのに。
目の前にいるのは其処にいないグラバーで。

いいように扱われた使いっ走りの様な。
そんな印象を受けちゃったんですヨネェ。ハイ。


龍馬は其れが解って動いていたのか。
そうでないのかは。皆目つきませんが。
そー言うのって・・・なんでしょう・・。
七光的なネ。
要素を感じる訳で。

七光が悪い訳じゃないんです。
上手くすれば其れを更に良い方向に持って行ける。
でも七光の目で見られているだけじゃ。
どれだけ頑張ろうが、どれだけ努力しようが。
七光の根源に全て持って行かれてしまう訳で。
自分なのに。
自分を自分として見てくれない。的な。
事になるじゃないですか?
根源ばっかり見ててネ。人は。

そんな感じをユツキは受けました。

しかも、その後ろ盾がある事に。
龍馬自身が安心しているようにも捕らえられる節がある。
傍若無人な振る舞いとか。
一通出すのに最大50万近くかかる手紙出しまくりとか。
後ろ盾に寄りかかってる感が。また否めず。

勝手に抱いていた。
龍馬のヒーロー性と言うモノに。
ひびが入った瞬間。(苦笑)


まぁー、そればあの番組の解釈ですから。
其れが真実とは限らないのですが。
新しい龍馬像を見せてもらえたなーと。
複雑な心境に陥ってしまった事には変わりないのですが。(オイっ)

考えてみれば。
龍馬ないし、桂小五郎とか、西郷サンとかだって。
寧ろ、歴史上に名を連ねる人々に。
真実を求める事なんて無理なんですヨネ。
だってもういないんですもん。現代に。
現代にいるのであれば、聞けるけれど聞けない。
その時代に生きていた人だっていない。
頼りになるのは、文献。
けれど、その文献が必ずしも真実を述べているとは限らない訳で。
今更、根掘り葉掘り引っ繰り返そうと。
真実は解らないんです。その時代の。
今だってネー。時効過ぎた事件の真実なんて解らないじゃないですか?
そんな感じなんですヨ。

大体。
どれも真実が良いって訳じゃないでしょ?
知らない方が幸せ~な事の方が寧ろ多い様な感じで。
知らないから、あれこれいろんな考えが出てきて。
面白い考えだなーとか有り得ないだろーな考えとかが。
続々と湧いてくる訳で。
其れは其れで面白くて幸せ~なんですヨネ。きっと。
無理に真実を突き止める必要性もないんじゃないかなー・・なんて。
否、解決しなくてはならない事件とかそーゆーのは別ですヨ。
別問題で考えて。ネ。(何)


だから。
ユツキの中の龍馬は。
この番組の影響で、少しばかし勝手なヒーロー性にひびが入りましたが。
それでも龍馬は、龍馬。
勝手に捏造した格好良い、幕末志士の坂本龍馬なんですヨネ。

だって解らないんだもの。真実は。
どう考えたって、解釈したって。
真実が解らないのだから夢物語なんですヨ。
それを想像して、そーだったんじゃないか。あーだったんじゃないか。
それで良いんじゃないんですかネ。歴史って。
良い訳ネー言われたらごもっともですが。
あくまで、ユツキ的解釈なのでご了承下さいませ;;(苦)
そー言う考えもあったか程度に。
思っていただけたら幸い程度で。よろちくわ。(蹴)

それはそれ。
あれはあれ。
それで良いんだなー。うん。




どーでも良い事なんですが。
再現VTRで龍馬暗殺のシーンを見た時に。
この血は実はケチャップだったのです!なオチを思い出しました。(ぇ)
かんなり前に・・日○レだったかな?
でやってた、坂本龍馬ドラマの(多分)最終回のオチなんですが。
なんか思い出しちゃった。(オイっ)
寧ろ、龍馬暗殺シーンの再現VTRを見る度に思い出します。あのオチを。

後々知ったのですが。
あのドラマの脚本は三谷サンだったようで。
なんとなく、納得したのを覚えています。(笑)

・・見たいなー『竜馬におまかせ!』・・。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://h113953y.blog46.fc2.com/tb.php/40-da1d9133

 | HOME | 

CALENDAR

MONTHLY

CATEGORIES

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。