野暮と化け物は箱根から先。

極めて気紛れ+腐れ日記。 チキン(+α)故、友人激少=随時友募集中。 誤字脱字は通常仕様。(滅)

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-01

この世には。不思議な事など。何もない。らしい。


フェイバリットミュージシャン様のツアーチケ、
先行予約で当選しましたー!(嬉)
ひゃっほーい!!地元で見れるヨー、yukihiro様がvV

と言う事で。
今日は『サイレン』を見に行こうと思ったけれど。
色々な事情が重なり来週に延期になったので。
『姑獲鳥の夏』を見てました。(ぇ)
先日やっとこさ原作読み終わった所でネ。
阿倍の寛サンが出てるのでバッチOKと言う事で。(何)

実際問題。
身長、結構大きいのでしょうが。
映画とかドラマで動いているのを見るとやっぱりデカイですネ。阿倍の寛サン。
速水のもこちゃん並にデカイのかと。
早速調べてみたらもこちゃんよりもでかかった、阿部の寛!
3cmもデカかったなんて・・!!
今更ながらビックリしとります。

↓以下『姑獲鳥の夏』の感想(らしきモノ)の為、一応注意↓



初っぱなから、ぶっちゃけますと。
内容的には小説の方が面白いです。
と言うか分かりやすい。

まぁー原作があるモノには対外其れが当てはまるんですが。
この『姑獲鳥の夏』の場合はネ。
原作本が異様にぶっといのでネ。
約2時間の間に収まるんかなー思ったら。
案の定、色々端折られてました;;
端折られても繋がっていて違和感がなければそれはそれで良いと思うのですが。
ちょっと・・・・・無理があるかなーと;

場所場所で説明があるのですが。
説明と物語の繋がりが見えてこなかったり。
逆に混乱を招いちゃってる様に見えたり。
原作で書いているから入れたのでしょうが。
入れない方が綺麗に話は纏まっただろうなー的な所があるなーと。
ユツキ一個人は思いました。

原作でも結構説明的な部分が多く。
頭の少ないユツキは理解に苦しんだんですが。
それを更に端折り端折りすると。更にわっけ分からんなーと。
原作を先に読んでいたので、ユツキはなんとか大丈夫でしたが。。
原作を読んでいない人にとっては、難題だったんじゃないかなーと。
思う訳で。

あと。
端折り過ぎて登場人物像が掴みにくかったですネ。全体的に。
登場人物がどんな人なのか。
いまいち掴みにくくて。あやふやーな印象。
久遠寺病院サイドは特に。
内藤サンと奥方様は、鍵を握っているのでネ。
院長はともかくあの2人に関してはもっと詳しくして欲しかったです。
過去の事とかネ。
個人的には。榎ノ津サンをもう少し取り上げて欲しかった。。。(何)
原作だと印象強めだったのに、映画の印象は薄いので。阿部の寛様が。


と。

なんだかんだ言いましたが。
演出に関してかなり面白かったです!

ほんの少しだけかじっただけの人間なので。
そんな大それた事は言えませんが。
この映画の演出は、異色と言って良いと思います。

もう不安定な画をこれでもかとバンバカ使う。
斜めの画ならまだしも、天地逆の画もあって。
不安定さがバンバカ。
大半の映画は、不安定な画は差ほど使わない(らしい)んですヨネ。
不安定な画=現実では有り得ない画。
現実では有り得ない画は、良い意味でフィクション感を高める道具で。
普段はあまり使われない、また絶対に見れない画だからこそ。
この作品独特の雰囲気を醸し出しているんじゃないかなと。

演劇っぽい演出もありましてネ。
これがまた現実では有り得ない画。
現実で歩いてる人や喋っている人にスポットライトなんて当たらない。
でもこの映画は当たる当たる。
演劇では、よく暗転して喋っている人にスポットライトが当たったりしますが。
映画の場合はない。
寧ろ、滅多に話の途中で暗転なんてしない。ましてスポットライトはない。
夜、目眩坂を関口サンが下るシーンなんてもろ演劇っぽい。
終盤、大机を囲んだ推理(?)シーンでの遣り取りの時はちょっと違う気もしましたが。
あれは普段見ている映画では見れません。
有り得ないと言っても良いかも知れません。
普通なら別にカット突っ込んじゃいそうな所でも、絵を写り混ませたりネ。
普通ではない。
少なくとも、ユツキが見た中では初めてでした。
だから余計に面白いと思ったのでしょうが。

演出は本当に面白いです。
こんな画で撮ろうと思う発想が凄い。
感動すら覚えます。
これはもー見てもらった方が早いので、
見て確かめて欲しいですネ!
この演出の面白さを見て欲しいです、マジで!!


纏めますと。
この映画は、内容を楽しむではなく映像を楽しんだ方が良い。
そうユツキは思います。
内容は小説を読んで掴みましょう・・みたいな?(蹴)
ただ映像は!演出は!
・・・でも賛否両論そーですがネ;
好き嫌いがハッキリしそうな。そんな感じなので。
まぁー変だなーとは思うと思うので。
それがユツキには面白かったんですヨ。旦那。(誰)
興味がある方は是非、そこら辺をチェック気味で見ていただけたら幸いです。個人的には。


毎回言ってますが。
あくまでユツキ的見解ですので。
感じ方は人それぞれだと思って。
真に受けずこーゆー奴もいるんだなーと思って下さいネ★☆
ワタクシの言っている事の十中八九はあやふやですので。。(オイっ)

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://h113953y.blog46.fc2.com/tb.php/43-6d6213fa

 | HOME | 

CALENDAR

MONTHLY

CATEGORIES

PROFILE

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

OTHERS

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。